はじめに

ローウェルはジョンソン-メイソンとキャティ-ハートホーンの息子であり、アビゲイル-グレゴリーの夫であり、ティモシー-メイソンの兄弟であり、ウィリアム-メイソンの父であった。

ローウェルは幼少期から音楽に強い関心を示した。 彼はジョージア州サバンナに15年間住んでいて、銀行員として働いていましたが、彼の本当の愛—音楽—を追求していました。

彼はフリードリヒ-レオポルト-アベルに師事し、自分の音楽を作曲し始めたところまでスキルを向上させました。

フィラデルフィアとボストンの多くの出版社は、彼の初期の作品を拒否し、1822年に彼の母国であるマサチューセッツ州ボストンのヘンデルとハイドン協会によって最終的に受け入れられた。

しかし、コレクションはメイソンの名前さえ持っていませんでした:

私はその後、サバンナの銀行役員だった、と私はこれまで音楽の職業を作るの少なくとも考えていなかったように、音楽の男として知られることを望

拒否されたコレクションが最終的に17版(いくつかの情報源は21と言う)を通過し、50,000部を販売することを彼はほとんど知りませんでした。 それはニューイングランドの歌の学校、そして最終的には教会の合唱団によって採用されました。

彼の仕事の成功を見た後、メイソンは1826年にボストンに戻った。 彼はまた、ハノーバー、グリーン、パークストリート教会の音楽監督となり、それぞれ半年を交互に行った。

最後に、彼はBowdoin Street Churchと恒久的な契約を結んだが、彼は依然としてAmerican Bankの出納係としての仕事を続けていた。

音楽は彼を引き続けたが、彼は1827年にヘンデルとハイドンの協会の会長になった。 そして、メイソンがアメリカの公立学校で最初の音楽教師になったのはボストンでした。

1833年、彼はボストン音楽アカデミーを共同設立した。 1838年、ボストン音楽学校の音楽監督に就任した。 メイソンは1,600以上の宗教的な作品を書いており、しばしばアメリカの教会音楽の父と呼ばれています。

メイソンの死から10年後、”The Song Friend,Volume3,number5″(Chicago,Illinois:Solomon W.Straub,5March1882)の1ページに次のスケッチが登場した。

ヘンリー-メイソンとローウェル-メイソンの父であるローウェル-メイソン博士&Hamlin Organ Co.、およびWm博士。 著名な作曲家であるメイソンは、マサチューセッツ州メドフォードで生まれた。、ヤン。 8, 1792. 21歳の時にジョージア州サバンナに移住した。 声楽と器楽を教えることに専念し、最大の教会の一つでオルガニストと合唱団のリーダーであり、銀行の家のサービスにも従事していました。

35歳でボストンに戻り、長年ヘンデルとハイドン協会の指揮者を務めた。 彼はまた、氏に関連して。 ジョージ・ジェイムズ・ウェッブ(George James Webb)はボストン音楽アカデミー(Boston Academy of Music)を設立し、国内で最初の定期的にチャーターされた音楽学校であり、公立学校での指導の一部門として歌を導入した。

南から帰国した直後、彼は最初の教会音楽書”ヘンデルとハイドン協会のコレクション”を発行し、続いて教会音楽の研究の普及に尽力し、教会で使用されている音楽の性格に完全に革命をもたらしたCarmina Sacraなどを発行した。

彼は長い間、博士と密接に関連していました。 ウッドブリッジ、ホレス-マン、その他の著名な改革派は大衆教育において著名であり、そのために設立された師範学校での歌の教師の指導と訓練に多くの時間と労力を費やした。

晩年はニュージャージー州オレンジにある自宅シルバースプリングで過ごし、1872年8月11日に80歳で死去した。

博士とは個人的に知り合いではない人が多い。 メイソンは、音楽の職業は、彼がそれを入力した時に企業の比較的新しいと空いているフィールドを提供したように、状況の幸せな組み合わせに彼の成功を帰するの間違いに陥る。

真実は、メイソン博士はどの職業においても同等に区別されていたであろう。

彼は偉大なミュージシャンではなかった、おそらく技術的な意味で。 彼は偉大な歌手や選手や作曲家ではありませんでした。 しかし、彼は偉大な男だった、彼は物事のルートに行くために彼を有効に心のその鋭い、論理的かつ分析的な品質を持っていた。 彼は、すべての真の改革は財団で始まらなければならないことを見ました。

当時、彼は歌の学校で使用するための彼の最初の本を発行しました楽譜の教科書には、あいまいで矛盾した声明の混乱した寄せ集めだけが含まれていました。 メイソン博士は、このすべてを変更し、私たちに声明の明確さ、および整然とした、進歩的な配置のために、卓越している表記法のシステムを与えました。

この強い人格の影響を感じることなく、誰もメイソン博士と接触することはできず、この影響は常に正しい方向にあったと言うことができます。 彼は彼の影響の下に来た人々の目的そして目的を刺激し、浄化するようであった特性のその簡単な威厳そして高潔を有した。 誰も偽りを嫌っておらず、彼よりも心から偽ったり、より熱心で確実にそれらを検出して暴露したりすることはありません。

Publications

  • Church Psalmody,with David Greene(Boston,Massachusetts:Perkins&Marvin,1831)
  • Manual of Christian Psalmody,with Rufus Babcock&David Greene(Boston,Massachusetts:Perkins&Marvin,1832)
  • 合唱団、または教会音楽のユニオンコレクション(ボストン、マサチューセッツ州:カーター、ヘンディ、1832)
  • ルーファス-バブコックとのユニオン賛美歌。 (マサチューセッツ州ボストン: 1834)
  • 神聖なハープまたは折衷的な調和,彼の兄弟ティモシー*メイソンと(シンシナティ,オハイオ州:トルーマン&スミス,1835)
  • 社会的礼拝のための精神的な歌,トーマスヘースティングスと(ユーティカ,ニューヨーク:ガーディナー*トレイシー,1835)
  • 神聖なハープまたは折衷的な調和,ティモシー*メイソンと(シンシナティ,オハイオ州:トルーマン&スミス,1835)
  • 社会的な礼拝のための精神的な歌,トーマス*ヘイスティングスと(ユーティカ,ニューヨーク:ガーディナー*トレイシー,1835)
  • オハイオ州シンシナティ:トルーマン&スミス、1835)
  • 安息日学校ハープ(ボストン、マサチューセッツ州: マサチューセッツ安息日学校協会,1836)
  • The Sabbath School Harp,second edition(Boston,Massachusetts:Massachusetts Sabbath School Society,1837)
  • The Modern Psalmist(Boston,Massachusetts:John H.Wilkins&Richard B.Carter,1839)
  • Sabbath School Songs(Boston,Massachusetts:Massachusetts Sabbath School Society,1837)
  • Sabbath School Songs(Boston,Massachusetts:Massachusetts Sabbath School Society,1839)1841年)
  • チャペルの賛美歌(ボストン、マサチューセッツ州:T.R.マーヴィン、1842年)
  • 教会の賛美歌(ボストン、マサチューセッツ州)
  • 教会の賛美歌(ボストン、マサチューセッツ州: T.R.Marvin,1843)
  • The American Sabbath School Singing Book(Philadelphia,Pennsylvania:Perkins&Purves,1843)
  • Carmina Sacra:or Boston Collection of Church Music(Boston,Massachusetts:John H.Wilkins&Richard B.Carter,1844)
  • The Psaltery(Boston,Massachusetts:Wilkins)
  • The Psaltery(Boston,Massachusetts:Wilkins)
  • The Psaltery(Boston,Massachusetts:Wilkins,carter,1845)
  • Song-Book Of The School Room,With George J.Webb(Boston,Massachusetts: 1847)
  • The National Psalmist(Boston,Massachusetts:Tappan,Whittemore&Mason,1848)
  • Cantica Laudis:or The American Book of Church Music,with George J.Webb(New York:Mason&Law,1850)
  • Musical Letters from Abroad(Boston,Massachusetts:Tappan,Wittemore,1848)
  • The American Book of Church Music,with George J.Webb(New York:Mason&Law,1850)
  • Musical Letters from Abroad(Boston,Massachusetts:オリバー-ディットソン,1853)
  • The New Carmina Sacra(Boston,Massachusetts:Rice&Kendall,1853)
  • The Hallelujah:a Book For the service of Song In the house Of the lord(New York: メイソン兄弟、1854年頃)
  • 安息日の賛美歌と曲の本、エドワーズA.パークと&オースティン-フェルプス(ニューヨーク:メイソン兄弟、1859年)
  • フランシス-ウェイランド(ニューヨーク:メイソン兄弟、1860年)
  • the diapason:a collection of church music,edited by george root(new York:Mason Brothers,1860)
  • Asaph:Or,The Choir Book(New York:Mason Brothers,1861)