ループス関連膵炎

ループス患者の多くは、膵管の機械的閉塞または毒性代謝病因の既知の原因とは無関係な急性”特発性”膵炎のエピソードを発症する。 この狼瘡関連膵炎はまれである。 推定された年間発生率は次のとおりでした0.4–1.1/1000 ループスの患者。 文献の調査は77のループスの患者のこの条件の詳細な説明を見つけました。 彼らの中央値年齢は27であり、88%が女性であった。 腹痛は最も頻繁な膵炎関連症状(88%)であった。 97%で膵炎の診断は、血清アミラーゼまたはリパーゼの上昇の実験室の証拠に基づいていた。 ほとんどの症例はステロイドまたはアザチオプリンによる治療とは無関係であった。 患者(84%)のほとんどは、膵炎の時に活動性狼瘡を有していた。 死亡率は27%であり、非SLE関連膵炎よりも高かった。 活動性狼瘡およびいくつかの生化学的異常は、ステロイドまたはアザチオプリンによる治療ではなく、死亡率の増加と有意に関連していた。 ステロイドによる治療は、非治療患者と比較して死亡率を67%低下させた。