二重の予定ではなく、ルター派の単一の予定の基礎は何ですか?

ルターは、彼の本”意志の束縛”の中で、単一の予定ではなく、二重の予定を教えました。 例えば、人間の自由意志の存在を否定し、神に起こるすべてのことを帰する際に、彼は言った:

“私はここでこの小さな本を終わらせますが、議論をさらに しかし、私は非常に十分な信心深いと頑固されることなく真実を認めて喜んでいる人を満足させるためにここで行われていると思います。 なぜなら、神がすべてのことを予知し、予定していること、神の予知において誤解されることも、神の予定において妨げられることもなく、神がそれを”293ページ、意志の束縛、ルターの作品、第33巻。

“しかし、神が選出する力と知恵を奪われた場合、彼は偽の偶像、チャンス、そのうなずきですべてがランダムに起こる以外に何になるのでしょうか? そして、最後にそれはこれに来るでしょう,男性は、神の知識なしに保存され、のろわれていること,彼は保存され、のろわれた人である彼の特定の選挙に..”171ページ、同著。

ルターの死の後に策定され、ルター派が署名したコンコードの公式は、これについてルターに従わなかった。 それは、神は人々を天国に運命づけただけであり、地獄には運命づけられなかったと主張し、彼は誰ものろわれるべきではないと主張した。

ルターは、聖書の中で明らかにされた意志に従って、神はキリストを通してすべての人を救うことを望んでいると受け入れましたが、神は隠された威厳の意志を持っていると教えました。 エルサレムに対するキリストの嘆きについてコメントする(マタイによる福音書第23章37節)彼は次のように書いています:

“神の威厳の意志が意図的にいくつかを放棄し、滅びるためにreprobatesとき、それは同様に、この受肉した神の一部であり、不信心の滅びの上に泣き、泣き、うめき声。..”146ページ、同著。

ルターは、神が将来のすべての出来事を予知したのは、神が未来がそうであるように起こることを望んでいたという事実に基づいており、これが何が起 だから、神は誰がのろわれるのかを前もって知っていただけでなく、彼らをのろわれることを望んでいたので、それは彼が彼らを堰き止めるように予 しかし、この公式に従うルター派は、神が未来を予知している間、誰がのろわれるのかを決定するのではなく、誰が救われるのかを決定し、それらだけを予 これはもちろん、神が救われるように彼らを予定していないにもかかわらず、神はのろわれた人を救うことを望んでいないと言うことはできないと言 しかし、ルターは反対した。 神が救われるために何人かを予定しているだけであれば、それは彼が救われるために誰もを予定していない理由に従います、それは彼が誰もを救おうとしていないからです-これは意志の束縛におけるルターの立場でした。

ルター派は、1テモテ2:4のように、神がすべての人を救うことを望んでいると言う聖書の詩から、単一の予定の立場を取り、神を理解する際に決定的なものとして使用します。 一方、ルターは、神がキリストを通してすべての人を救うことを望んでいるという文脈の中でのみ、そのような節を理解しました。 しかし、同時に、彼は神の全能の意志によれば、起こるすべてが支配され、それがそうであるように起こるように彼によって意志されると主張しました。 ルターは、ローマ人への手紙第9章を、天と地獄の両方に予定を教えるものと解釈しました。 一方、ルター派は、ローマ人への手紙第9章でパウロを、神は人々を天にあらかじめ定めているだけであると教えていると解釈しようとします。