会計ジャーナル10の基本的なアイデア

規則によって課される会計上の義務を遵守することは、一連の書籍の保管を含み、元帳はそのうちの一つである。

そして、私たちはこの記事で彼を参照しています:ジャーナルは何か、それに記録されているもの、その構造は何か、毎日どのように作られているかなどの問….

ご覧のように、このトピックの基本的な考え方をかなり広範にレビューし、非常に具体的な質問–読みやすく理解しやすくする回答の構造を含んでいます。

元帳とは何ですか?

私たちは、自分自身を置くために、”会計”は、この情報を注文し、財務諸表にグループ化することを基本的な目的で会社が行ったすべての経済業務を記録す

これらの報告書は、企業の経済的および財政的状況を知ることを可能にする。

まあ、これらの取引はすべて記録され、いわゆる”会計エントリ”によって行われるジャーナルにあります。

これを考慮すると、

元帳は、会計年度に会社が実行したすべての経済業務が会計エントリを通じて記録され、時系列に順序付けられたものです。

以下の節では、この定義の各部分を詳細に見ていきます。

¿ジャーナルには何が記録されていますか?

例えば、会社が行ったすべての経済業務を登録します:

  • ショッピング
  • 売上
  • 顧客から受け取った現金
  • 債務の支払い
  • 金融投資
  • 人件費
  • 助成金の認識
  • 資本構造への投資
  • ローン構成

¿取引は元帳にどのように記録されますか?

元帳のエントリは、”会計エントリ”(または”会計エントリ”)によって作成され、時系列順に表示されなければなりません。

商法第28条第2項には、

“ジャーナルは、会社の活動に関連するすべての業務を日々記録するものとする。 ただし、四半期を超えない期間の取引の合計の共同入力は、その詳細が関係する活動の性質と一致する他の帳簿または記録に表示されることを条件’

この記事の内容は、次のことを前提としています:

  • 業務は本に一つずつ記録されなければならない
  • しかし、個別に記録された別の補助書が利用可能であれば、四半期を超えない期間のグループに記録す

実際には、これは会計プログラムで作業するのが非常に簡単です(そして非常に一般的です):

各操作のために独立した座席を入力するには、プログ

あなたは、すべての詳細なノートを含むものよりもはるかに少ないスペースを占める”要約日記”を取得します。

会計ノートを通じて情報が入力されると、プログラムはそれをいくつかのキーで要求される一時的なセクションに整理します。…

インフレ

金融レバレッジとは何ですか

無料および有料の請求プログラム:機能付き

ジャーナルとは何ですか?

ジャーナルには、会社が行ったすべての取引が時系列で含まれているため、基本的に機能します:

  • そこから総勘定元帳と年次勘定を準備するために必要な情報を抽出します。
  • 任意の操作のパフォーマンスに関する相談の場として。

会計上、仕訳帳は情報の”ゲートウェイ”であり、したがって収集された情報の”他のすべて”部分であることに注意してください。

ジャーナルには、すべきこととすべきことがありますか?

はい、ジャーナルには”must”列(左側)と”must”列(右側)があります。

そして、負債の合計は負債の合計と等しくなければなりません。

会計仕訳帳の構造

仕訳帳の構造は、一つの”水平”と一つの”垂直”の二つの観点からそれを見ることができます。

1.-私たちが”水平”と呼んでいるという観点から、ジャーナルの構造は一連の列によって形成され、それを構成する会計エントリの構造と同じです:

アカウント コンセプト アカウント コンセプト アカウント コンセプト アカウント コンセプト アカウント コンセプト アカウント
ユーロでの金額 コードと借方記入勘定名 エントリコンセプト から エントリコンセプト コードと貸方記入勘定名 ユーロでの金額 コードと貸方記入勘定名 ユーロでの金額 ユーロでの金額 ユーロでの金額 ユーロでの金額 ユーロでの金額

各メモには、操作の日付も表示されます。

2.-我々は”垂直”と呼ばれているという観点からジャーナルは、以下の構造を提示します:

  • これは、前年の残高で終了したすべての会計勘定が含まれており、それぞれがその残高を提示するものです。 日付は1月1日。

このエントリは、明らかなように、前年に活動(したがって会計)があったときはいつでも行わなければなりません。

  • 次に、日付順に並べ替えられたエントリは、年間を通じて実行された操作を記録するエントリです。
  • 日記は二つの異なるノートによって閉じられています:
  1. 調整エントリ:それにより、129の”損益”勘定に対する収入と支出勘定の残高が取り消されます。
  2. クロージングエントリ:これは本の最後のエントリであり、残りの会計勘定はキャンセルされるため、それぞれの最終残高はゼロになります。

¿誰のために日記を保持することが必須ですか?

商法の規定に会計を適応させなければならない起業家および専門家は、毎日の帳簿(および在庫および年次勘定)を保管する義務があります。

:

  • 商業エンティティ(例えば、有限会社、企業、。…).
  • 直接推定スキームによってその性能を決定する自然人。

だから、自然人である起業家や専門家は、彼らのパフォーマンスを決定する日記を保持する義務はありません:

  • 単純化された直接推定レジームによって。
  • 客観的な推定レジーム(モジュール)によって。

仕訳帳の作成方法

会社によって行われたすべての業務は、時系列順に、対応する構造を尊重して、会計エントリを通じて実行される仕訳帳に記録され

なので、日記を作る方法を質問するには? それは、会計エントリを通じて、その年の間に会社によって行われたすべての業務を記録し、それを考慮に入れることによって行われます:

  • 会社が前年に既に営業していた場合、仕訳帳の最初のエントリは、開始エントリ(会計が前年に閉鎖された勘定の残高を含むエントリ)でなければな
  • その後、会社によって実行されたすべての業務を記録する会計エントリは、時系列に注文する必要があります。
  • 仕訳帳は二つの最後のノートで終わります:一つは、収入と費用勘定の残高がキャンセルされ、活動の損益が決定される調整エントリです。 もう一つは、残りの会計勘定の残高が取り消される決算エントリです。
  • まとめ日記を作ることもできます: 取引は、四半期を超えない期間別にグループ化され、その内訳が他の記録に示されている場合には、その期間ごとにグループ化されるものとします。

実際に日記を作る方法

実際には、ほとんどの場合、そのような日記はボタンを押すだけで自動的に作成されます。

説明しましょう:

企業は会計ソフトを使用しています。 そして、彼らと一緒に働く方法は次のとおりです: 会計エントリが入力され、それに基づいて、プログラムはすべての必須または自発的な報告書および帳簿を作成します。

それは私がそれが”ボタンを押してもう少し”行われていると言っていることです:すべてのノートが機械加工されると、プログラムは仕訳帳、総勘定元帳、バランスシート、合計と残高の残高、損益勘定を準備します。….

そして、紙に印刷したり、異なる形式でファイルをエクスポートするためにそれを準備します。

明らかにそれだけではそれをしませんが、以前は誰かが情報を”提供”しなければなりませんでした。

ジャーナル:合法化

起業家が保管しなければならない会計帳簿(ジャーナルと在庫簿と年次勘定)を規制しているため、商法は合法化のために商業登記簿に提示する義務も示している。

この法律は、これらが問題の会計年度の事業の勘定を含む帳簿であり、単純に変更することはできないことを規定している。

この記事の主題に焦点を当てて、我々はそれを言うことができます:

ジャーナルの合法化は、対応する公式の効果を生み出すことができるように、その前にその提示の事実の商業レジストリによって検証され、完了されます。

用語、場所、フォーム

  • 用語: 仕訳帳と在庫および年次勘定は、会計年度の終わりの日から四ヶ月以内に合法化のために提出しなければなりません。

例えば、会社の会計年度が31日に終了する場合、商業登記簿への提出期限は30日に終了します。

提示が後で行われた場合、登録はそれを認めますが、それは”法律で定められた期間外”に行われたと述べます。

  • : 商法は、有能な商業登記簿が会社の住所の登記簿であることを確立しています。

しかし、現時点では電子的に提出することが義務付けられており、ポータルを通じて実施する必要がありますwww.registradores.es そして、彼の”レガリア”プログラム。

  • フォーム:前のポイントですでに述べたように、プレゼンテーションは電子的に行わなければなりません。

¿すでに合法化された本を修正することはできますか?

すでに合法化されている書籍、仕訳帳、在庫および口座を修正する必要がある場合、従うプロセスはオンラインでも利用できます。

は、エラーの証明にentity managerからの文書を含めるための修正ファイルを生成し、ファイルはすでに変更されています。

仕訳帳と総勘定元帳の違い

仕訳帳と総勘定元帳には基本的に二つの違いがあります。

総勘定元帳は補助元帳であり、非常に便利ですが、仕訳帳とは異なり、その保管は必須ではありません。

総勘定元帳を使わずに会計を作るのは非常に複雑であるというのが現実です。 さらに、ジャーナルに入力されたエントリに基づいてソフトウェアによって自動的に作成されます。

ノートに使用されている勘定を示し、それらのすべてが負債の列と信用の列を示しているため、各会計エントリに記録されている金額が反映されます。

したがって、仕訳帳と総勘定元帳の違いは明らかです: 最初は、対応する会計エントリを介して記録されたすべての取引が含まれていますが、第二は、使用されるアカウントのそれぞれの最大が含まれており、これらの最大のそれぞれにクレジットと差額によって計算された残高で、債務に入力された金額が表示されます。

要約

  • 当連結会計年度中に当社が行ったすべての業務は、対応する会計エントリおよび時系列順にジャーナルに記録されています。
  • その維持は、商業主体および直接推定制度によって業績を決定する起業家自然人にとって必須である。
  • は、前年末に存在していた残高を継続するオープニングエントリから始まります。 現在の年が最初の年の場合、ジャーナルは会社の設立のエントリから始まります。
  • その最後の二つのノートは、決済エントリ(グループ6および7勘定の残高を取り消して活動の損益を決定する)と決算エントリ(他のすべての勘定の残高を
  • 仕訳帳は、会計年度末から四ヶ月以内に商業登記簿に合法化のために提示されなければならない。
  • 仕訳帳とは違い、総勘定元帳です。 これは、それぞれの動きを持つすべての会計勘定が借方と貸方、および結果として生じる残高に表示されるアシスタントです。 総勘定元帳は、レジストリで必須または合法化されていません。