伝統的なローマ-カトリックの考え

今日の福音が何であるかについては多くの混乱があるようです。 多くのカトリック教徒とクリスチャンは、私たちが外に出て”福音に従って生きる”必要があると言うでしょう。 事は、最後の百年かそこらまで”福音を生きる”についてのカトリック全体、あるいはプロテスタントには記録がありません。

私が気づいたことから、”福音に生きる”というフレーズは、個人が自分の解釈で伝えたいことに応じて使用できる非常に曖昧なフレーズです。 しかし、一般的には、彼らが”福音に従って生活する”ことによって何をしたいのかにはいくつかの要素があるように見えます。 それは一般的に、貧しい人々を助け、彼らが望むもの(彼らが必要とするものではない)を人々に与え、人々に親切であり、彼らの罪の中で彼らを肯定し、彼らが不正確であれば誰も修正しないこと、そして一般的に単に”良い人”であることを含む。 人々が自分の罪を認識し、それを悔い改めるのを助けることに重点はありません,良いカトリックではありません,適切な礼拝と畏敬の念とキリストと彼の教会などへの従順.

単語の適切な定義が何であるかを理解して、正しく使用することが重要です。 1943年の簡潔なカトリック辞書には、福音が何であるかのいくつかの定義があります:

1. 文字通り”良いニュース”。 伝道者によって書かれたイエスの人生と作品の記録。 2. 集合的に、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四人の伝道者の文章は、神聖な聖書に含まれています。 3. ちょうど申し出の前にミサの儀式で行われる福音の物語から取られた神聖な聖書からの抽出物の読み取り。 ミサの最後の祝福の直後には、饗宴の日や集会、特別な記念の日、饗宴が祝われる四旬節の日がありますが、通常、この第二の福音は聖ヨハネの福音書の第一章の最初の十四節です。

あなたが実際に福音が何であるかを調べるなら、”福音に従って生きる”という言葉は論理的に意味がないことを理解するでしょう。 結局のところ、福音は文字通り上記のように”良いニュース”です。 だからあなたが尋ねる良いニュースは何ですか?

その単純さの良いニュースは、私たちはすべて恐ろしい罪人であり、地獄の永遠の罰と罰に値するということです。 私たちは天の報いに値しないのです。 イエス-キリストは、神の御子であり、私たちが永遠の命を(機会の)得るために、私たちのすべてを許すために来ました。 彼は、私たちがバプテスマを受け、原罪をきれいに洗われるために来られました。 彼は私たちが私たちの罪を悔い改め、彼を通して、神と自分自身を和解させることができるように来ました。 イエスは十字架上で死なれ、私たちの罪のすべてを取り上げ、犠牲の子羊となり、私たちが天国に達することができるようになりました。 彼は死んで、私たちが死ぬとき、私たちもサタンに誇示するために私たちの栄光の体に再び上昇し、彼は世界に死を導入したにもかかわらず、イエス-キ

あなたが福音が何であるかを正しく理解すると、”福音に生きる”ことは忠実な人々の間で混乱を引き起こすために導入された近代主義の異端であるこ 今日使用されているように、”福音に生きる”は、上記のすべての理由のために来たイエス-キリストを、”何人かの人々”のために”素敵なこと”をした”素敵な人”だった それは彼がしたことではありません。

キリストがしたことはすべて、天に芸術を持つ彼の父の栄光のためでした。 イエスをこの”素敵な男”に減らすことは、三位一体への侮辱です。

私たちが正しく理解されているように真に”福音に従って生活する”ためには、イエスが教えてくださったように戒めに従って生活し、彼の花嫁 これが福音に従って生活することのすべてです。 他の人が永遠と永遠の命でチャンスを持つことができるように、この良いニュースを共有します。 これを他の人から差し控えることは、利己主義です。