新しい研究によると、重症例のループス患者にはビタミンDが不足しており、

によると、全身性エリテマトーデス(SLE)の重症例のループス患者にはビタミ

この研究は、”25-ヒドロキシビタミンD血清濃度は、遊離ではなく、生物学的に利用可能なビタミンDは、全身性エリテマトーデス患者の疾患活性と関連している”という雑誌PLoS Oneに掲載された。

ビタミンD欠乏症はSLE患者に共通している。 彼らは光に敏感であるため、彼らは皮膚を通してビタミンDを作成するのに役立ちます太陽への露出を避けます。 SLEの薬物のglucocorticoidsおよびhydroxychloroquineはまた血のビタミンDのレベルを減らすかもしれません。

研究者らは、全身性エリテマトーデス疾患活性指数(SLEDAI)を用いて、199人のSLE患者の疾患活性を評価した。 彼らはまた、患者のビタミンDレベルを決定するために血液サンプルを収集した。

チームは、ビタミンDの循環型である25-hidroxyvitamin DとビタミンD結合タンパク質(DBP)の血中濃度を測定しました。 タンパク質は25(OH)Dに結合し、その安定性および組織への送達を調節する。

の結果、25(OH)D血清濃度は、SLE患者では150人の健康なボランティアよりも有意に低かったことが示されました。 研究された患者コホートでは、142または71.4%が25(OH)D血清濃度を30ng/mL以下に有していた。 研究者らは、ビタミンD欠乏症を20ng/mL未満の25(OH)Dレベル、ビタミンD欠乏症を30ng/mL未満の25(OH)Dレベルに分類しました

チームは、25(OH)D血清濃度と疾患活性との関連を調べたところ、重度の活動性を有する患者(SLEDAIスコアが20以上の患者)では濃度が低いが、疾患の軽度の症例(SLEDAIスコアが1〜5の患者)では濃度が低いことを発見しました。 彼らは、DBPの血中濃度と疾患活性との間に相関を認めなかった。

研究者らは、ビタミンD欠乏症がSLEにつながる方法で免疫系を変化させる可能性があると述べた。 欠乏は、病気の結果である可能性があり、彼らは言いました。

チームは、「sle患者におけるビタミンD血清濃度と疾患活性との間に因果関係を確立することができなかった」と書きました。”低ビタミンD血清濃度は、SLEを特徴付ける免疫学的障害の原因補因子であるかどうか、または逆に、炎症性疾患プロセスと低太陽への曝露は、ビタミンD血清濃度の減少を引き起こす場合は、”追加の研究が必要になるだろう、と著者らは付け加えた。

彼らは、時間の経過とともにSLE発症におけるビタミンDレベルを追跡する研究を求めた。