新しい研究は、ループス患者の脳血管イベントを調べます

クイーンエリザベスII保健サービスセンターのリウマチ学者であり、ダルハウジー大学医学部、ハリファックス、ノバスコシア、カナダのリウマチ学の教授であるJohn Hanly、MD、FRCPCによって導かれ、この研究は、SLE患者の多民族/人種のインセプション-コホートにおける脳血管イベントの頻度、特性および結果、ならびに臨床的および自己抗体関連を同定することを求めた。 ドクター-オブ-ザ-イヤー Hanlyは30年以上にわたって神経系に対する狼瘡の影響を研究しており、彼の研究は狼瘡に関連している問題とそうでない問題を調べています。 答えはループスの患者のための予想そして処置に影響を与えます。

「脳卒中や一過性虚血などの脳血管イベントは、SLE患者で4番目に一般的な神経精神イベントであり、有病率は4.5%であることがわかりました」とHanly博士 「我々はまた、大部分の脳血管事象、特に疾患経過の早期に起こる事象は、アテローム性動脈硬化症ではなくループス自体に直接起因する可能性があることを”