臨床および実験研究の年表

キーワード

SLE、糖尿病1型、血液透析

はじめに

I型糖尿病(T1D)は、小児期の最も一般的な自己免疫疾患である。 それは遺伝的に敏感な主題の膵臓の島のインシュリンの生産のβ細胞の選択的な損失によって特徴付けられます。 I型糖尿病の患者には4種類の自己抗体があります。: 古典的な島の細胞の抗体、インシュリンの自己抗体、グルタミン酸のdecarboxylase(GADA)の65kDのアイソフォームへの自己抗体および蛋白質のチロシンのphosphataserelated IA-2分子(IA-2A)。 さらに、T1Dの遺伝子解析は、ヒト白血球抗原(HLA)複合体、主にクラスII対立遺伝子を、T1Dに対する感受性に関連させている。

一方、全身性エリテマトーデス(SLE)は、天然DNAおよび他の細胞成分に対する自己抗体の高い力価の産生を特徴とする慢性重篤な全身性自己免疫疾患である。 ヒト白血球抗原(HLA)系は、その遺伝子が6番染色体に位置し、炎症および免疫反応の重要なメディエーターであり、HLA-DRB1はSLEと関連していることが証明された。

臓器特異的自己免疫疾患を有する患者は、他の臓器/組織に対する自己免疫応答を発症するリスクを増加させることが確立されている。

この理論を説明するために、透析を必要とする末期腎疾患につながるsleが重畳された、長年のT1Dを持つ32歳の女性のケースを提示します。 また、T1DとSLEの間のリンクに関する文献をレビューします。

症例発表

32歳の女性T1Dの症例を9歳(detemirおよびinsulin aspartで維持)、2012年にエジプトでsleと診断された。アムロジピンの組み合わせおよびビソプロロール)。 2013年にはエジプトで甲状腺機能低下症と診断され、レボチロキシンの置換を開始した。

彼女は2012年に腎生検のために私たちの施設に最初に提示しました。 結果は,毛細血管ループの肥厚と著しい糸球体陳腐化を伴うメサンギウム拡張を示し,糖尿病性腎症,限局性尿細管萎縮,線維症および尿細管間質性慢性炎症および軽度の血管内膜肥厚と一致した。 メサンギオ増殖性ループス腎炎は除外することができた。 彼女の推定GFR(eGFR)は53であった。 彼女の尿タンパク質/クレアチニン(Cr)比は2071mg/g Crであり、彼女の尿アルブミン/Cr比は1621.7mg/g Crであった。 彼女のHba1Cは7.4%であった。 彼女のヘモグロビンは10.5g/dlであった。 C3は1.4g/l(正常内)であり、C4は0.53g/l(正常)であった。

2013年3月、彼女のeGFRは44歳だった。 C3は1.27g/l(正常)であり、C4は0.33g/l(正常)であった。 彼女のヘモグロビンは9.4g/dlであった。

2013年8月に妊娠しており、第2期ではeGFRは58、ヘモグロビン8.5g/dl、C3は1.37g/l(正常)、C4は0.32g/l(正常)であった。 彼女のHba1Cは5.2%であった。 2013年のeGFRは58で、ヘモグロビンは7.2g/dlであった。

2013年12月、妊娠37週目に分娩を認め、帝王切開を受けた(誘導失敗後)。 赤ちゃんの体重は2630gで、eGFRは38、ヘモグロビン8.2g/dl、天底は6.6g/dlに達した。

2014年のeGFRは35で、尿アルブミン/Cr比は10249.0mg/g Crであった。 C4は正常だった。

彼女の腎臓病の進行を考慮して、エジプトで腎生検を繰り返し、糖尿病性腎症、コラーゲン沈着およびKimmelstiel-Wilson結節の背景を持つ進行性硬化症としてスライ 彼女は2015年5月にeGFR、尿アルブミン/Cr比6569.2mg/g Cr、C3 0.83g/l(低)、C4 0.48g/l(正常)を発表した。 血液透析を開始した。

ディスカッション

SLE患者の約30%が第二、第三または第四の自己免疫状態を発症する。 T1Dは一例ですが、糖尿病とSLEの両方を有する患者はほとんど報告されていません。 Kotaら。 T1D患者における共退自己免疫状態を研究した。 3人中260人の患者(1.2%)がSLEを関連させていた。 Cortes et al. 一方、ループスコホートを見て、糖尿病患者を同定した。 3人中485人がT1D(0.61%)、6人中485人が2型糖尿病(0.82%)であり、この共存の希少性がさらに証明されています。

これらの患者のうち2人は腎臓生検を受け、どちらもWHO IV型ループス腎炎を示した。 ある患者からの生検でもいくつかの糖尿病性の特徴が見られた。

これらの患者では、病態生理および管理が異なるため(ループス腎炎は本質的に自己免疫である)、腎不全に至る病因を決定することは非常に重要である。 従って腎臓のバイオプシーは管理を導く絶対必要です。

さらに、T1D患者の中には、免疫学的プロファイルに基づいてSLEを発症するリスクが高いものがあります。 インスリン受容体に対する自己免疫によるインスリン抵抗性によって引き起こされる糖尿病患者では、血清には非臓器特異的自己抗体(ANA、抗dsDNA)が含 Harrop et al. sleを有する5人の患者のうち27人(19%)がインスリン自己抗体を有していたことを示した。

興味深いことに、リツキシマブ(抗CD20)で治療された新たに診断されたT1D患者は、Cペプチドの損失の減少およびインスリン必要量の減少によ この改善は、B細胞(SLEのエフェクター細胞)の枯渇によって認められ、T1DとSLE免疫機構との間のリンクをさらに強化した。

1985年、Pottathil et al. 糖尿病患者およびSLE患者のアラキドン酸含量は対照患者より有意に低く,これらの患者における心血管リスクの増加の可能性を示唆した。 30年後、Koenig et al. 横断的研究(多施設型スイス狼瘡コホートと糖尿病コホートとの比較)では、SLE患者はt1D患者と同様に心血管疾患を発症する可能性が高いことが示されている。

結論

SLEとT1Dは一緒に頻繁に発生しません。 しかし、それらは、重要な血管の終点につながるお互いを悪化させる可能性があるいくつかの共通の免疫学的および分子的基礎を共有する。

  1. Gale EA(2002)20世紀における小児1型糖尿病の台頭。 糖尿病51: 3353-3361.
  2. Knip M,Siljander H(2008)1型糖尿病における自己免疫メカニズム。 第7巻550-557号に収録されている。
  3. Morran MP,Vonberg A,Khadra A,Pietropaolo M3(2015)Immunogenetics of type1diabetes mellitus. モルモン書Med42:42-60。
  4. Ramos PS,Criswell LA,Moser KL,Comeau ME,Williams AH,et al. (2011)International Consortium on the Genetics of Systemic Erythematosus. 全身性エリテマトーデス(SLE)と十六自己免疫疾患の間の共有遺伝子座の包括的な分析は、限られた遺伝的重複を明らかにする。 PLoS Genet7:e1002406.
  5. Mirabelli G,Cannarile F,Bruni C,Vagelli R,De Luca R,et al. (2015)One year in review2015:全身性エリテマトーデス。 33:414-425.
  6. Jaberi-Douraki M,Schnell S,Pietropaolo M,Khadra A4(2015)自己免疫性1型糖尿病における膵β細胞自殺の寄与を解明する。 J Theor Biol375:77-87.
  7. Pietropaolo M,Eisenbarth GS(2001)ヒト糖尿病における自己抗体。 4章252-282節。
  8. Chambers SA,Charman SC,Rahman A,Isenberg DA(2007)全身性エリテマトーデス患者の多民族コホートにおける追加の自己免疫疾患の開発損傷および死亡率を参照して。 Ann Rheum Dis66:1173-1177.
  9. Buyon,J,Wallace,DJ(2002)外因性エストロゲン、内分泌系および泌尿生殖路の使用。 Wallace DJ,Hahn BH(6th edn),Dubois’Lupus Erythematosus. フィラデルフィア:リッピンコット、ウィリアムズ&ウィルキンス821-841。
  10. Kota SK,Meher LK,Jammula S,Kota SK,Modi KD(2012)1型糖尿病患者における共存状態の臨床プロファイル。 6:70-76.
  11. Cortes S,Chambers S,Jerónimo A,Isenberg D(2008)全身性エリテマトーデスを合併する糖尿病-UCLループスコホートの分析と文献のレビュー。 ループス17:977-980.
  12. Heras P,Mantzioros M,Mendrinos D,Heras V,Hatzopoulos A,et al. ら(2 0 1 0)1型糖尿病における自己抗体。 糖尿病Res Clin Pract90:e40-42.
  13. Harrop M,Caudwell J,Stojanovski C,Colman PG(1992)Insulin autoantibodies in patients with autoimming diseases. 糖尿病のRes Clin Pract18:107-112。
  14. Mariño E,Grey ST(2012)自己免疫のエフェクターおよび調節因子としてのB細胞。 45:377-387
  15. Pottathil R,Huang SW,Chandrabose KA(1985)Essential fatty acids in diabetes and systemic lupus erythematosus(SLE)patients. Biochem Biophys Res Commun128:803-808.
  16. Koenig KF,Ribi C,Radosavac M,Zulewski H,Trendelenburg M3; スイスのSLEコホート研究(SSCS)(2015)1型糖尿病と比較した全身性エリテマトーデスにおける血管疾患の有病率:2つのコホートの断面研究。 ループス24:58-65.