「Coronavirus」:2020年のGoogleでの上位検索(およびその他の検索)-Prensa Libre「Coronavirus」:2020年のGoogleでの上位検索(およびその他の検索)-Prensa Libre)

Googleは、2020年にインターネットユーザーが最も検索したことを明らかにした。
Googleは2020年にインターネットユーザーが最も検索したことを明らかにした。 (フリープレス写真: )

世界のインターネットユーザーが最も入力した言葉は、”coronavirus”、”election results”、”Kobe Bryant”、”zoom”、”IPL”、”India vs New Zealand”、”coronavirus update”の順になっています。; “コロナウイルスの症状”;”ジョー-バイデン”;および”google classroom”。

EFE

2020年11月19日06:29h

most wantedが今週水曜日に発表した9、Googleは、sars-CoV-2によって引き起こされた世界的なパンデミックの真っ只中に、インターネットユーザーのクエリが主にこの危機に関連して何が起こっているのかを知ろうとすることに焦点を当てていることを指摘しています。

この検索エンジンは、世界中のインターネットユーザーに興味を持っているニュースを分類し、コロナウイルスや米国の選挙に関連するすべてのものにつ

最も関心を呼んでいる俳優の間には、Tom Hanks、Joaquin Phoenix、Amitabh Bachchan、Ricky Gervais、Jada Pinkett Smith、Justin Hartley、Lea Michele、Eleazar Gómez、Ansel Elgortが含まれており、Googleによって明らかにされているように、Ryan Newman、Michael Jordan、Tyson Fury、Tom Brady、Mike Tysonの名前が入力されている選手であることも指摘している。

最も”指名手配”されている人格は、この順序で: ジョー-バイデン、金正恩、ボリス-ジョンソン、カマラ-ハリス、トム-ハンクス、ジェイコブ、ブレイク、カニエ-ウェスト、ギスレイン-マクスウェル、オーガスト-アルシーナ、ライアン-ニューマン、そしてここ数ヶ月以内に死亡した人の中で、彼らがブラウザで興奮しているより多くの関心は、コービー-ブライアント、ナヤ-リベラ、チャドウィック-ボスマン、スシャント-シン-ラージプート、ジョージ-フロイドであった。