How to Express Volition in Japanese: …(よ)う and つもりだ

Last time, you learned how to express desires like “テレビが欲ほしい (I want a TV),” and “テレビが見みたい (I want to watch TV).” Now, you know how to say what you want to do. Then, if you would like to say “I intend to buy a TV,” what should it be? In this lesson, you will tackle how to express volition.

Explanation for How to Express Volition

Table of Contents
Volitional Form: …(よ)う
つもりだ: (よ)うとする

意志の行為、または人の意志によって行われた決定を意味します。 それを表現するために、日本語には”意欲的な形”と呼ばれる特定の形があります。”のは、他の同様の表現と一緒にフォームを学びましょう。

意欲的な形:…(よ)う

これは実際に招待状やオファーを作るために利用することができます。 私たちはここで意志を表現することに焦点を当てます。 まず、共役を見てみましょう。

る-る-る-る-る-る-る-る-る-る: To Replace ru with you or mashou

Volition Volition (Polite)
見る (miru) 見よう (miyou) 見ましょう (mimashou)
着る (kiru) 着よう (kiyou) 着ましょう (kimashou)
食べる (taberu) 食べよう (tabeyou) 食べましょう (tabemashou)
答える (kotaeru) 答えよう (kotaeyou) 答えましょう (kotaemashou)

: To Replace u with ou or imashou

Volition Volition (Polite)
書く (kaku) 書こう (kakou) 書きましょう (kakimashou)
話す (hanasu) 話そう (hanasou) 話しましょう (hanasimashou *si = shi)
立つ (tatu *tu = tsu) 立とう (tatou) 立ちましょう (tatimashou *ti = chi)
飲む (nomu) 飲もう (nomou) 飲みましょう (nomimashou)

Two Exceptions

Volition Volition (Polite)
する (suru) しよう (shiyou) しましょう (shimashou)
来る (kuru) 来よう (koyou) 来ましょう (kimashou)

The volitional form expresses what you are willing to do and therefore you cannot apply the negative form or the ta-form to it.

あのテレビを ふかおう/ふかいましょう
直接オブジェクト 動詞:意欲的な形
あそこのテレビを買うだろう。
*買い物中に良いテレビを見つけたときに自分に話しました。

基本的な機能は、あなたが決断や決定を下し、自分自身に話すときに使用される意志を表現することです。 あなたが他の人と一緒にこれを使用すると、それは”のような招待状を示しますそれをやってみましょう。”だから、自分の意志を他の人に伝えたいときは、引用マーカーと”う:考える”のような動詞を活用する必要があります。”あなたが言っている場合、それはあなたがしばらく前に決定を下し、継続的にそうして喜んでいることを示しています。 対照的に、平易な形式:うは、その場で決定が行われることを示します。

京きょう都とに行いこう。
京都に行きます。
*突然京都に行くという考えがあなたに起こったときに自分自身に話しました。

京きょう都とに(行いこう / 行いきましょう)。
Let’s go to Kyoto.
*Said when you ask your friend to go to Kyoto with you.

京きょう都とに行いこうと思おもって(いる / います)。
am going to Kyoto.
*Said when you are asked “what will you do this weekend?

As you can see, the contexts are important. Here is another example.

本ほんを書かこう。
will write a book.
*Said to yourself when you decide to write a book.

本ほんを(書かこう / 書かきましょう)。
Let’s write a book.
*Said when you ask your friend to write a book with you.

本ほんを書かこうと(思おもう / 思おもいます)。
will write a book.
*Said when you tell your resolution to your friend.

Difference between the Plain Form and the Volitional Form

結婚けっこん(する / します)よ。
am going to get married. (*Fixed plan)

結婚けっこんしようと思おもって(いる / います)。
am going to get married. (*Unfixed plan)

結婚けっこんしようかと思おもって(いる / います)。
am thinking about getting married.

The background behind the above examples is something like you are talking about marriage with your friend. Then, if you use the plain form, it means future tense and indicates a fixed plan. If you use the volitional form + と思う, it certainly indicates your will, but the plan is not fixed. If you attach か to the volitional form, it indicates that your decision is yet to be made.

つもりだ: to Intend to Do

来年らいねん 転てん職しょくするつもり(だ / です)
Temporal Noun Verb + つもりだ
intend to change job next year.

The function is to express what you intend to do. One important point here is that the decision should have been made a while ago. Therefore, you cannot use this for decisions made on the spot.

お酒さけをやめるつもり(だ / です)。
intend to quit drinking.

明日あしたは家いえにいるつもり(だ / です)。
As for tomorrow, intend to stay at home.

海外かいがいの大学だいがくに行いくつもり(だ / です)。
intend to go to a foreign university.

As you learned above, the volitional form + と思っている indicates you made a decision a while ago and are continuously willing to do so. That is to say, it’s very similar to つもりだ. However, つもりだ more strongly express your will. For example, if you seriously say “I will become a singer in the future,” the second example below is more suitable.

将しょう来らい、歌か手しゅになろうと思おもって(いる / います)。

将しょう来らい、歌か手しゅになるつもり(だ / です)。
=> Stronger than the above

There are two negative expressions. The first is to conjugate verbs into the negative form and the second is to replace だ of つもりだ with はない. The first one is frequently used because the second one sounds strong and is suitable to refuse something.

謝あやまらないつもり(だ / です)。
don’t intend to apologize.

謝あやまるつもりは(ない / ありません)。
=> Stronger than the above

Difference between つもりだ and 予よ定ていだ

日に本ほん語ごを勉べん強きょうするつもり(だ / です)。
intend to study Japanese.

日に本ほん語ごを勉べん強きょうする予よ定てい(だ / です)。
have a schedule to study Japanese.

With the above examples, the result should be the same: to study Japanese. However, the process is different. 予定 indicates “plan” or “schedule” and doesn’t indicate your feelings. Therefore, when you express your volition, you have to use つもりだ and vice versa.

Other Usage of the Volitional Form: …(よ)うとする

田た中なかさんは 早はやく 寝ねようと(した / しました)
Topic / Subject Adverb Volitional Form + とする
Tanaka-san attempted to go to bed early.

The volitional form + とする indicate attempts at doing something. When you use this, attempts should be uncompleted or failed. If you would like to plainly say “I try to do it,” you need to use the te-form + みる.

よく宿しゅく題だいをサボろうと(する / します)。
often attempt to neglect homework.

子こ供どもは嘘うそをつこうと(する / します)。
Children attempt to lie.

ゴミを捨すてようと(した / しました)。
attempted to throw away the trash.

窓まどを開あけようと(した / しました)。
attempted to open the window.

This sentence pattern can be even applicable for non-volitional verbs such as “降る: to fall” and “壊れる: to break.” This is often used in progressive tense and it indicates something is about to happen.

雨あめが降ふろうとして(いる / います)。
It is about to rain.

橋はしが壊こわれようとして(いた / いました)。
The bridge was about to break.

Summary

  1. The volitional form indicates talking to yourself or invitations.
  2. The volitional form should be used with と思う when telling your volition to someone.
  3. つもりだ indicates what you intend to do.
  4. The volitional form + とする indicates attempts which are uncompleted or failed.

We guess that the usages of volitional form can be difficult for English speakers to master. 実際には、意志を表現するためにつもりだけを使用しようとする人もいます。 しかし、意欲的な形がより適している状況がいくつかあります。 したがって、ここでそれらの両方を学んでください。 次に、意欲的なフォームの利用を学びます:招待状やオファーを表現する方法。