M-Prize2018WinnerAizuri Quartet

「ザ・アイズリQuartet…is 個人のカリスマ性と集団の結束とのバランス:弦楽四重奏の資質の最もとらえどころのないことを完全に所有しています。「(Philadelphia Inquirer)

2018年M-Prizeに加え、2017年大阪国際室内楽コンクールで1位、2015年ロンドンで開催されたウィグモアホール国際弦楽四重奏コンクールで3位を受賞。 その魅力的で考えさせられるプログラムを通じて、カルテットは、大胆な新しい手数料に”技術的な虚勢と感情的な力”をもたらすための批評家の称賛を集めている、と”すべてのノートが愛情を込めて細工され、味わう”過去の偉大な傑作のその完璧なパフォーマンスのために(ワシントンポスト)。

クラシック音楽の深い研究と、観客や学生に対する自然に暖かくあふれんばかりのアプローチを組み合わせることで、Aizuri Quartetは弦楽四重奏曲のレパートリーに多様なエントリポイントを作成することに情熱を持っています。 その2015レジデントアンサンブルとして、カルテットは、プログラムを開発し、音楽と視覚芸術の間の意味のある接続を偽造新しい作品を委託するため このカルテットは、アーノルド-スタインハルトが主催し、百カ国以上から何千人もの学生に達しているカーティス-コーセラオンラインコース”弦楽四重奏の世界”で紹介された。

ピューリッツァー賞受賞者のキャロライン-ショー(青写真)、ポール-ウィアンコ(リフト)、エフゲニー-シャルラット(RIPEFG)、ガブリエラ-スミス(キャロットレボリューション)、ルネ-オース(ストリッピング)、アリッサ-ワインバーグ(Parallels)の作品を委嘱-初演したことを誇りに思っている。

2012年に結成されたAizuri Quartetは、その活気と信じられないほどのディテールで注目されている青の日本の木版印刷のスタイル”aizuri-e”からその名前を引き