Your Success Is Our Success

ノースカロライナ州の住民の中には、クレジットカード申請に虚偽の情報を入れることは無害だと思う人もいるかもしれません。 多くの金融機関は、クレジットカードの申請プロセスの一環として、個人が支払いスタブや納税申告書などの書類を提出する必要はありません。 しかし、意図的にアプリケーションに横たわって銀行詐欺としてカウントされ、刑事告発につながる可能性があります。

銀行詐欺で告発されたり起訴されたりする場合は、即時の法的な必要があります。 クレジットカードのアプリケーションに関連する詐欺がどのように機能するかについての詳細を学び、あなたの権利を保護することができます知識

クレジットカード申請に関連する詐欺

多くの場合、クレジットカードの承認を得る上で最も重要な要因は申請者の収入です。 U.S.News and World Reportの記事によると、金融機関は申請者のクレジットスコアを使用してクレジットカードの適格性を判断することができますが、収入は通常 消費者を略奪的な融資慣行から保護するために設計された法的規制は、ほとんどの貸し手がクレジットカードの申請を承認する前に所得要件に従 一部の個人は、誤って、このような親の給与や学生ローンからの支出などの収入の間違ったタイプを含むことによって、クレジットカードのアプリケーシ しかし、他の応募者は故意にクレジットカードの資格を得るために高い収入を報告します。 金融機関が嘘を発見した場合、それは刑事告発を追求することを選択することができます。

銀行詐欺に対する重大な罰則

FindLawによると、銀行詐欺は、金融機関を詐取したり、虚偽の手段によって資金や資産を取得することを意図した行動を 銀行詐欺は、数百万ドルの罰金と数十年の刑務所を含む潜在的な罰則を伴う連邦犯罪です。 多くの人々は、偽造や銀行詐欺の一般的な例として小切手を盗むなどの行動を考えるが、クレジットカードのアプリケーションに横たわっても刑事告訴につ 詐欺的なクレジットカードの適用のための起訴は一般的な発生ではないかもしれないが、それはまだ可能性である。

強力な防衛の構築を開始

フレイジャー&グリフィン、PLLCの刑事弁護弁護士は、あなたの権利と自由を保護するのを助けることができます。 彼らが会社に連絡し、あなたの最初会合を予定することによっていかにについての助けることができるか詳細を学びなさい。